2018年 11月 08日 ( 1 )

新入生の『ヴェノム』です好きな食べ物は新鮮なお肉嫌いなものは‥‥‥ ネタバレ



 先に公開されたアメリカでの評価がイマイチで、
 「あの【思い浮かぶ作品を入れてください】惨劇が再び!」的な状況になりましたが、
 次第に「それほどでもないですよ?」との感想も湧き上がり、
 例のトマトではメディアと観客の意見が真っ二つに割れてしまいました。。。
 とゆー状態の面倒くささよ。

 メディア(評論家?)が嫌ったのは、ダークヒーローとしての設定の甘さ(緩さ)辺りで、
 観客が喜んだのはキャラクターの愛嬌ではないのかな。
 恐らくたぶん。
 (未だに一部の方々は「ダークナイト」を求めているとゆーことか?)

 わたくしも楽しめましたよ、『ヴェノム』。
 ツイッターで「『寄生獣』を期待してたら『ど根性ガエル』だった」との意見を見掛けましたが、
 確かに想像していたダークヒーローモノとは異なっていたけど、
 リメイクと云っても疑わないぐらいの『寄生獣』感はあった。感じた。(原作の年代順はさておき)
 そっから逆算すると、じつに惜しい。
 ラスト、アイツとの対峙で寄生前のヴェノムのキャラが少しだけ判明するけど、
 それが猪突猛進的正義感をもつエディ(主人公)に寄生することで如何に影響を受け、変化したのか、
 その辺のドラマはほぼ無かったし、ヴェノムが地球での共存を認める描写も物足りなかった。
 (つまり、二人のイチャつき描写が)

 「寄生した人格の影響を(多少)受ける」とゆー設定があると思うんだけど、
 その辺をもうちょいクローズアップしてもよかったのではないかな。
 その上で、
 ダークヒーロー感を増したなら前評判も違ったのでわ?

 個人的に不満はないけど、前半を詰めれば見せ場はもっと作れた気がする。
 「ヴェノム」の映画だっつってんだから、ヴェノムが出ることはみんな知ってるわけだからね。

 あとねー、オマケのアレ。
 新たなシリーズの誕生を予感させるエンディングで満足しておりますよ。
 でもね、
 期待するのがバカなのは判っているけど、
 「噂は聞いているよ、確か名前は…」
 と振り返るのがデイン・デハーン演じるグリーン・ゴブリンだったなら、映画館で昇天してただろうな。
 (そして甦る)

 もう一つのオマケは本気で要らない。
 以前も同じことやって不評だったはずなのに、まだやってるんだね。
 逆に感心するわ。

 それとカワイイ感で騒ぐのはちょっと違う気もするな。早いよ。


[PR]
by y.k-ybf | 2018-11-08 22:48 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る