<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

伊藤計劃のアニメ映画、三本。


 原作は未読なので、アニメ映画のみの感想になります。

 正直テーマ負けとゆーか、原作を消化し切れてないとゆーか。。。
 読んでないんだけどね、原作。

屍者の帝国 (完全生産限定版) [Blu-ray]

細谷佳正,村瀬歩,楠大典,三木眞一郎,山下大輝/アニプレックス

undefined


 「ゾンビの正しい使い方」を見せてくれる描写は興味深く、伝奇ホラーチックなアクションも派手で楽しい。
 有名なキャラクターが多数登場するのも「必殺仕事人」みたいで良かった。
 (全体の印象は『地獄の黙示録』かな?)

 しかしストーリーの軸が弱いっつーか、そもそもの軸がないのか。
 コレが何を物語る作品なのか、最後までイマイチ掴めなかった。

 「お前は先にっ」
 「お前は先へっ」と、どんどん先へ進められる主人公が、少し不憫。

 題材はとても素晴らしいので、
 も、みんなで競作したらよろしい。


ハーモニー(完全生産限定版) [Blu-ray]

ハーモニー/アニプレックス

undefined


 三作全体に感じたのは、所謂重度な厨二っぽさ。
 厨二を秘めるのではなく、全力全開で厨二を補強してみせるとゆー気概がとても好ましく思えた。
 特に本作はその印象がつよく、
 セカイ系も若干入っていると思われ、少し気恥ずかしくもなる。

 ずっと他人の夢の話を盗み聞きしているよーな退屈さも感じましたが、
 「ディストピア」など存在しなかったのでわ?
 と考察してみると、なかなかです。


虐殺器官(完全生産限定版) [Blu-ray]

中村悠一,三上哲,梶裕貴,石川界人,大塚明夫/アニプレックス

undefined


 いちばん面白かったです、三本の中で(倒置)。

 結局、何が何で何をやりたかったのか、わたくしにはサッパリ判りませんでしたが、
 アクションはリアルで楽しかったですよ。



 まとめとゆーか、ぶっちゃけてしまいますが、
 全体的に映像化はまだ早かったかな、とゆー印象が拭えませんでした。
 コレを消化して物語にしておくれ、と。

 以上です。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by y.k-ybf | 2018-02-27 21:59 | 映画 | Comments(0)

『ダークタワー』


 エンタメのヒーロー映画みたいでした。
 原作は未読です。


 ※本当に申し訳ないです。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by y.k-ybf | 2018-02-27 21:50 | 映画 | Comments(0)

どうしてお腹が減るのかな? 『RAW 少女のめざめ』


Raw [DVD] [Import]

Universal Studios Home Entertainment

undefined


 青春カニバリズム映画。
 とゆー説明がどれほど通じるのか疑問ではあるが、まさにの映画。

 とても真摯に生と性を描いた上で、ホラーになっている点が誠実だなと思ったよ。
 だって恐いんだよ、この「世代」って生き物わ。

 「優秀な生徒は他の生徒を潰すから嫌いだ」と抜かす教授なんて、まさに恐怖そのもの。
 成長(変質)への否定と抑圧。

 原因はお前かい!? とゆーラストは若干気になりましたが、
 愛情の形の話でもありますね。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by y.k-ybf | 2018-02-27 21:46 | 映画 | Comments(0)

『スリー・ビルボード』 怒りと痛みと


【映画パンフレット】 スリー・ビルボード 監督 マーティン・マクドナー キャスト

FOX出版

undefined


 三枚の巨大な赤い看板を見た息子は、
 忘れたい姉の死を思い起こされ、知りたくもなかった事実まで知らされる。

 目を逸らすな、見ろ、忘れるな。

 あの赤い看板は、
 母が抱える心の痛みが現実に具現化したものである。
 その痛みが理解できない者たちは反発し、自身の暴力を正当化して、看板に火をつける。

 怒りが、新たな怒りを生むように。

 しかし彼女(母)もまた、
 他者の痛みを理解できずに傷付ける人間であった。
 それに気付いた彼女は、握りしめたボトルをそっとテーブルへ置いた。

 ラスト、
 彼女の心を救い、笑顔をもたらしたのは、意外な人物であった。

 彼は自身の心の傷にすら、気付いていなかった。
 だけどバッヂを失った彼だけが、彼女の隣にいる。

 愚者は時折、奇跡を起こす。
 神の恵みのように。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by y.k-ybf | 2018-02-21 20:55 | 映画 | Comments(0)

『デトロイト』


【映画パンフレット】 デトロイト 監督 キャスリン・ビグロー キャスト ジョン・ボヤーガ ウィル・ポールター アルジー・スミス

東宝

undefined


 1967年米デトロイトで起きた大規模な暴動での、ある「事件」を描く。

 とゆー簡素な説明でいいのか、迷いに迷うほど超重量級の一作で、
 未だにショックの余韻は生々しく甦る。
 人種対立から発生した暴動ではあるけど、
 本作の中心に描かれる「アルジェ・モーテル事件」は差別とゆー言葉だけでは表現し切れない、
 ニンゲンの奥底に潜む狂気を露わにしたよーに感じられた。

 その脆い狂気が差別を生むわけなのだが。。。

 ツラい映画ではあるけど、
 未だ差別が無くならない現代にこそ、観なくてはいけない気がします。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る

[PR]
by y.k-ybf | 2018-02-15 22:17 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧