『プ~ねこ』 北道正幸

プーねこ
北道 正幸 / 講談社
ISBN : 4063375641

 北道正幸という漫画家は、
 メジャーなのだろうか、どーなのか。

 そもそもアフタヌーンって雑誌は、
 どちらかといえばアキバ系なのか。

 どーなのか。

 濃い線でありながら、
 柔軟なポップセンスのある北道正幸は、
 初期の鳥山明と似ている。
 と、ゆーのは、過大評価ではない、と、おもう。

 はじめて読んだのは『スカタン野郎』で、
 意志を持って動き始めた人体模型の話だった。
 人体模型だけにチンコ丸出しで、
 そのチンコさえも独立した意志を持ち、
 勝手に動きだすわ、喋りだすわ、増殖するわの、
 一見、
 一見、、、ではないかもしれんが、キワい部分で遊びながらも、
 落ちどころは、ほろっとくる、
 喜劇テイストな漫画だった。

 喜劇にしては、シュール過ぎるがな。

 以降、
 『スカタン天国』、『ぽちょむきん』と喜劇テイストは(なんとか)保ちながら、
 独特の語り口は鋭さを増し、
 絵のクオリティも、
 ストーリーのおもしろさも、どんどんグレードがあがっていってんのに、
 ぽいっと捨てちゃうのが、北道正幸である。

 主人公を、リカという少女にあわせた『スカタン天国』は、
 お笑い系の漫画としても秀逸なのに、
 ほんっとに感動できる話もあるのに、ぽいっとネコネタにふってしまう。

 ヒーロー物を悪の組織側から描いた『ぽちょむきん』は、
 おちゃらけを含んだうえでハードな設定とストーリーが進行し、
 正悪が逆転するかのような展開までもっていって、ぽいっとネコネタにふるという。

 こーいった紹介が、たいへん難しいマンガを描かれているわけなのだ。

 で、
 今は何を連載しているのかといえば、ネコの4コマ『プ~ねこ』でございます。
 ネコか。
 ネコなのか。
 ネコなのですね。
 このかたの描くネコは、ネコの特徴をものごっつ捉えているため、
 ディフォルメしてるはずなのに、リアルにみえる、ネコ。
 ヒトの言語を口にしながら、ネコの顔のままのネコ。
 不思議ネコ。
 すこし不思議ネコ。というべきか。

 ネコは、
 博識を得たような顔をしながら、何も考えていないような顔をする。
 つまり気のせいなのだが、
 「じつは、知っているんだぜ」みたいなふりをするんですよ、ネコは。

 そんな(どんなや)、
 ネコがいっぱい出てきますので、
 ネコ好きなかたは、よけい、楽しめるのではないでしょうか。



 ネコには、ネコの言葉が。
 イヌには、イヌの言葉が。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-22 21:32 | 本棚 | Comments(0)

音ログアップ中。


 左から見れます。

 ただいま、カバー特集中でございます。
 ジャケットは正しくないのがたまにあります。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-21 18:18 | 音盤 | Comments(0)

2004年の番外。


 『AV未満 赤/黄』


 かかざるをえまい。

 ライフログにも登録されていないブツなので、
 説明も難しいが、
 ざっくり言ってしまえば、エロビデオである。

 昨年、エッチ界隈で新たに定着したのが「着エロ」というジャンルで、
 いわゆるチラリズムを洗練させていったものである。
 代表的なところで、インリン・オブ・ジョイトイがもっともわかりやすいであろうが、
 彼女はどちらかといえばアート系に分類されるので、
 近し遠しといったところか。
 元々、「イメージ・ビデオ」というジャンルがあり、
 非エロが基本で、アイドル、タレントさんが、プロモーションに近い感覚で発表するものである。
 イエローキャブとかな。
 そこにアートな部分をねじり込んできたのがインリンなわけなのだが、
 それとは別に、もっとビニ本的な方向へ引き延ばしていった先が、
 ヌードでも、AVでもない、「着エロ」というジャンルなのだ。
 まあ、
 やんわりというなら、セミヌードでございますね。
 この、中途半端な領域の、
 中途半端な感覚が、昨年は受けたというわけで。
 おそらく、
 脱がない、やらない、という条件で受けたでろう、
 モデル、タレント級のべっぴんさんが多いのも、特徴である。

 で、
 前置きが長くなってしまいましたが、
 この『AV未満』、
 着エロよりももうちょっと先、タイトル通り、アレの手前ぐらいまでいっております。
 アレのな。

 アレが無くてどーすんねんと貴兄の方々はおもわれるでしょうが、
 アレが無い分、
 アレのギリギリを彷徨うために、たいへん濃いものになっております。
 アレが大好きな若者たちには、物足りないかもしれませんが、
 アレはアレでな、ええ、という貴兄には、
 とてもフレッシュに感じられることでしょう。

 何より、出演されている女性がべっぴんさんで、
 たいへんステキキッス、ステキッスなので、
 ええ。そんなわけなんですよ。



 以上です。

 お疲れさまでした。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-21 18:08 | 記述 | Comments(0)

2004年のレコード.07

LIVE IN JAPAN
プライマル・スクリーム / ソニーミュージックエンタテインメント

 これで、ラスト。十枚目でございます。
 お疲れさまでございます。

 ライブ盤、2003年のレコードですね。
 実はこん時のライブ、
 観に行っておりまして、それはもー、どえらいものでございました。

 よく音楽雑誌などで見掛ける妄想が入ったような「形容詞」がございますが、
 なんか、
 こー、大袈裟な。
 最近はご無沙汰なのですが、
 ライブには何度か行っておる身として、
 そんな形容詞は、気持ちは分かるけど、
 そこまでビタッとくるかなあっとおもっておりました。
 が、
 こん時のプライマル・スクリームのライブは、そんな「形容詞」そのもので、
 音で殺されちゃうってのはこんな感じなんだー、
 と、素で感動したものでございます。

 わたくしは年寄りなので比較的冷静なのですが、
 前のほうで踊り狂っている若者たちは、ライブ終わったあと、無事に帰れるのか心配になったほどです。
 ちゃんと電車の切符買って、乗り換えとかできるのだろうかと。

 それにしましても、
 ギターがマイブラで、ベースがローゼスなんだから、
 いかに音が凄まじいか、想像できるとおもいます。
 しかもその二人に挟まれてボビーが、白いスーツで歌っとるわけなんですから。
 ええ。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-21 17:24 | 音盤 | Comments(0)

2004年のレコード.06

刹那
小沢健二 / 東芝EMI

 小沢健二には失われたサード・アルバムというものがありまして。
 それはセカンドの『LIFE』後、スチャダラパーと共同で制作されていたものなんですが、
 みなさんご存じの通り、
 そのアルバムは完成することなく、作業は中断されました。
 そして、膿でも吐き出すかのようなシングルのリリースラッシュを終えると、
 唐突にジャズへ転向、
 「おもしろいかもしんねえけれどつまらない」アルバムを一枚作って、
 これまた唐突に、小沢健二は音楽界から姿を消す。

 そして6年の空白後、『Eclectic』で復帰した小沢健二の姿は、
 あくまで個人的な感想だけど、
 歪におもえた。

 な、
 話はさておき、この『刹那』はベストというよりもセレクション・アルバムで、
 その、
 大掃除みたいに発表されたシングルの中から選曲されて構成されている。
 当初、二枚組のコレクション色のつよいアルバムになる予定だったが、
 そこはオザケンのこと、
 勝手に売られると嫌、との理由で音源の権利を買った(もの凄い金額で)とも噂される人物であって、
 半端な企画アルバムなど出しません。
 寄せ集めながら、アルバムとしてたいへん良くできておると思います。

 実は、
 オザケンの一番好きな時期って、このシングル期だったりします。
 自棄になったように発表されるシングルは、
 どれもキラキラと輝いておりまして、素晴らしく感じられました。
 またカップリングで収められた、
 後のジャズセッション用に録られたであろう音源も、
 ジャズ一年生みたいな幼さがありながらも、楽しいものでした。

 それらぜんぶ、『刹那』には収録されてませんけどね。

 な、
 わけで、自分でシングル編集して焼いて聴いてます。
 たぶんこんな、
 ロリポップ変名バンドがいまだ好きなニンゲンは、いっぱいいるんでしょうな。
[PR]
# by y.k-ybf | 2005-01-21 11:48 | 音盤 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る