『ダークタワー』へ、再び。


ダークタワー (オリジナルカード付き) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

イドリス・エルバ,マシュー・マコノヒー,トム・テイラー,キム・スヒョン,フラン・クランツ/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

undefined


 昨年(18年)映画館で『ダークタワー』を観た際に、
 半ば確信的に爆睡した罪悪感から生じた「ダークタワーの呪い」なるものがありまして。
 財布を忘れる、インフルにかかる等々、自分的には珍しいアクシデントが連発。
 この呪いを解くにはもう一度『ダークタワー』を観なくてわ! 向かわなくてわ!

 とゆーわけで、

 観たぞ『ダークタワー』!
 呪いは解けたぞーーーっ!!

 と、設定を設けては人生を楽しんでいるわけですが。
 さておき。
 原作の長大さに比べ、意外なほどコンパクトな形となった本作。
 らしいと云えばとてもらしいキング映画なんだけど、このシンプルさはプラスに働いていると思う。
 「ダークタワー」の「第一章」としては、及第点ではないかな。

 で、続きはあるの?


# by y.k-ybf | 2019-01-07 10:08 | 映画 | Comments(0)

夜の闇を抜け、帰るべき家も無し。『ウォリアーズ』


ウォリアーズ [DVD]

マイケル・ベック,ジェームズ・レマー,トーマス・ウェイツ,ドーシー・ライト,ブライアン・タイラー/パラマウント

undefined



 ウォルター・ヒル監督作、79年公開。
 ずっとずっと観たかった映画だけども、観るのが勿体ない。
 とゆー気持ちを理解してもらえるだろうか。
 そんな映画。

 個性的なチームの面々が集結するオープニングが、あまりに最高過ぎる。
 様々なチームカラーで表現されるポリシー、その多様性に感動と共に興奮する。
 舞台となる当時のニューヨークはまだラクガキとゴミが散乱しており、
 ある意味、
 イメージままのダーティなニューヨークで、ビリビリ痺れる。
 一度もニューヨークなどへ行ったこともないけど、
 あのボロい電車に揺られる感覚と、夜明けに見渡す街の光景は、
 誰もが共感できるものではなかろうか。
 懐かしさと窮屈さみたいなものを。

 モラトリアムな視点なら、卑劣な小悪党にも同情できる。
 自由を奪われたくなかったんだよな、きっと。
 やっと見つけた自分の居場所を。

 見事な青春映画だと思う。


# by y.k-ybf | 2019-01-06 21:50 | 映画 | Comments(0)

『ラスト・アクション・ヒーロー』とか、シュワノルドの映画。二本。


ラスト・アクション・ヒーロー [Blu-ray]

アーノルド・シュワルツェネッガー,オースティン・オブライエン,F・マーリー・エイブラハム,チャールズ・ダンス,トム・ヌーナン/Happinet(SB)(D)

undefined


 この映画の評判が芳しくないと知ったのはじつは最近で、わたくしは観ると涙ぐむほど好きな映画だったりする。

 だって映画だけが頼りな少年が、
 映画の中へ飛び込んで、憧れのヒーローと共に活躍しながら運命的な別離と成長を経る話ですよ?
 どこに駄作の要素があるとゆーのか!?
 いや、ない!

 ま、
 肝心の、少年が成長したシーンが皆無とゆーのは大失敗だと思うし、
 その少年のキャラがウザくて(多少)イライラするし、
 ネタが若干スベりまくってる、、、のはいつものシュワか。
 公開されたタイミングが悪かったと云ったらキリはないが、
 同じ原作者によって『レディ・プレイヤー1』として再構築されたと考えれば、今こそ楽しめる映画なのか、も。

 んで、
 本作のシュワはまだ精悍さがギリ残ってて、いいんだわ。かっこいい。
 食わず嫌わず、観て。


シックス・デイ (オリジナルカード付) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

アーノルド・シュワルツェネッガー,トニー・ゴールドウィン,マイケル・ラパポート,マイケル・ルーカー,サラ・ウィンター/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

undefined


 00年公開。

 クローン人間は作っちゃダメだぞ! 絶対ダメだぞ!
 (ハイ、出来ました~)
 とゆーSFなお話。

 天才なのかマヌケなのか判らない黒幕が、浅知恵で自滅するストーリーは本当にどーでもいいが、
 SFアクション映画としては、じつはそんなに悪くない。
 車の自動操縦やリモコン操作のヘリなど、未来描写が丁度良い。

 クローン技術によって実現したシュワノルド対シュワノルドもアホらしくて愉快ですが、
 驚くべきはその結末。

 いったい何が解決したとゆーのか?
 倫理とわ??


 しかし偏見だけどすんごく00年っぽい映画で、
 シュワのキャリア的にも『エンド・オブ・デイズ』と『コラテラル・ダメージ』の間とゆー微妙な時期。
 新しい路線はまだまだ不安定で先も見えず、
 古い路線は確実に下降して流行から消えようとしている。
 この微妙な感覚こそが00年代前半の空気なんだけど、伝わるだろうか。。。


# by y.k-ybf | 2019-01-06 21:29 | 映画 | Comments(0)

忘れる前に。『殺人者の記憶法』、『新しい記憶』、『悪女』。韓国三本。


【Amazon.co.jp限定】殺人者の記憶法 (劇場プレス付き) [DVD]

ソル・ギョング,キム・ナムギル,キム・ソリョン(AOA),オ・ダルス/Happinet

undefined




 アルツハイマーを患う男が、偶然に連続殺人犯と出会う。
 しかし彼はすぐにその正体を見破っていた。
 何故なら彼も、嘗ては連続殺人鬼だったから。。。

 とゆー、
 よくこんな話を思い付くなと感心させられっぱなしの、サスペンス。
 記憶が薄れ、改竄されてゆく恐怖と、
 殺人犯が愛娘に迫るスリルが両輪となり、物凄い緊張感が連鎖してくる。
 「記憶」に苦しみ、「忘却」に救われる複雑な心理ドラマも魅力的。

 何気にアクションも激しく、
 合間のコミカルなシーンは良いアクセントになっている。


殺人者の記憶法:新しい記憶 [DVD]

ソル・ギョング,キム・ナムギル,キム・ソリョン(AOA),オ・ダルス/Happinet

undefined




 そして別バージョンとも云える『新しい記憶』。

 個人的にはオリジナルがあってこそ楽しめるバージョンだと思うので、不可欠なわけではない。
 只、
 あのエプロンの理由は『新しい記憶』を観ないと判らないw


悪女/AKUJO [DVD]

キム・オクビン,シン・ハギュン,ソンジュン/KADOKAWA / 角川書店

undefined




 17年公開の韓国映画。

 予告から期待しており、観るのを楽しみにしていた映画なのだが、
 ちと想っていたのと違っ…てたわけでもないが、コレではなかった感がずっしりと残った。

 アクションは凄い。
 POVも交えてアクロバティック且つスピーディーに展開するバトルの壮絶な迫力は見応えあるけど、
 早すぎ揺れすぎ動きすぎで視認が追い付かない。
 ストーリーのテンポも良く、
 現在と過去を激しく交互しながら連なる謎を解き明かす構成は秀逸だけど、
 正直、途中からどーでもよくなってしまった。
 激流のよーな編集やスタイリッシュな映像は見事ではあるが、
 このスピードでミスリードまで挿入されると思考が混乱して、感情が追い付かなくなる。

 結局お父さんを殺したのは誰なのデスカ???

 面白く刺激的な作品なのは否定しないけど、残念ながら楽しむことはできなかった。
 最新の映像表現に惨敗しました。悔しい。
 これが老いなのだろうか。。。
 記憶が薄れてゆく。。。。。。


# by y.k-ybf | 2019-01-06 21:12 | 映画 | Comments(0)

新旧『フラットライナーズ』 なので二本。



 90年に公開された、ホラー…ではなくスリラーだと思います。
 死後の世界へ行ってみたら何かちょっと違ってた。
 とゆー話。

 実際は死後ではなく、過去のトラウマや罪悪感との対峙を描いており、
 オカルトとゆーより精神治療とか、そっち系の題材なのかも。
 この罪悪感の反射がホラー的に表現されており、
 つよく封じ込めてしまった者ほど強烈な返しを受けるとゆー印象。
 酷い幻覚に悩まされるけど、誰も霊感とか云わないのは、みんな医療関係の人間だからかな。

 キーファー・サザーランドやケヴィン・ベーコンら、世代感や八十年代特有の温もりも感じられました。
 それとジュリア・ロバーツがホントに綺麗で、
 こりゃ人気でるわなあと、今更気付きました。


フラットライナーズ ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

エレン・ペイジ,ディエゴ・ルナ,ニーナ・ドブレフ,ジェームズ・ノートン,カーシー・クレモンズ/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

undefined


 こちらは17年に作られたリメイク。
 Wikipedia様によると続編らしいけど前作との関係性はほぼ無く、
 ただ(前作から)時間が経過しましたよ、ぐらい。
 キーファー・サザーランドも折角出てるんだから、何か接点を作ってもよかったのにね。

 んでこの「豪華」な新人俳優さんらが誰一人ピンとこず、唯一エレン・ペイジだけは記憶にありました。
 つか、
 ずっと彼女が主人公だと思っていたので、途中の展開には意表をつかれました。
 違うんや、と。

 前作との大きな違いは、医療の進化と変化。
 詳しい説明はさておき、まだオカルトチックだった前作の雰囲気はまるでありません。
 只、
 死後体験の幽体離脱感は増しており、ホラー要素(悪夢)は減りました。
 これらの変更で仲間の共犯意識やトラウマへの恐怖がだいぶ薄くなってしまったのは本末転倒な気がします。
 (前作では感動的だった謝罪のシーンが、あっさりしてる)

 結果、全体的に淡泊な作品になってしまっているとゆーか、
 主役って誰なの? この映画。


# by y.k-ybf | 2019-01-06 21:00 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る