『劇場版 マジンガーZ INFINITY』


【チラシ付き 映画パンフレット】 劇場版 マジンガーZ INFINITY 監督

マジンガーZ INFINITY制作委員会

undefined


 TVシリーズから十年後を描く、直結な続編映画。
 (「グレートマジンガー」の後だとゆーのは判るけど、「グレンダイザー」の存在の有無は不明)

 コノ、
 「TVシリーズの続き」とゆー基本設定は大きなポイントで。
 確かにあのTVシリーズの世界観は守られ、現代のスキルで再現されてはいるけど、
 斬新な何かはほぼ見当たらなかった。
 要するに、完全なる世代接待映画で。
 勿論それが悪いとゆー訳ではなく、そーゆー方向性の作品だってコト。
 当時のシリーズが好きな方には楽しめると思います。

 ドクター・ヘルの目的が「人類の観測」であったり、
 「多様性がもたらす分裂」を指摘する辺りは、かなり現在的な視点で興味深かったけども、
 明確な解答と巧く結び付けられなかったのは残念。
 (「ドラゴンボール」的な展開は解答とは云わん)
 兜甲児へ問い掛けられた返答も曖昧に片付けちゃったしな。

 そこはさておき。
 本当に気になったとゆーか、イマイチ作品に没入できなかった理由は、
 音響の弱さと、ケレン味の無さ。
 劇場の都合ではないと思うけど、
 兎に角、音響に迫力が無くて魅力に欠けていた。
 ケレン味の無さとも通じるコトだけど、
 この「表現」に説得力がないと、感情や力強さとゆーとても重要なものが伝わってこないのだな。

 あと細かいトコロだと、
 子供が落とした人形は返してやれよ。拾ってパクるなよ。
 そんで、
 兜甲児が「鉄也」って呼び捨てにするのも違和感あった。
 そこは「鉄也さん」だろーに。

 あと声優さんも…、、、
 と、また散々なコトばかり云ってしまいましたが、
 本来の「マジンガーZ」的には間違ってもいないので、そこは肯定したいとおもっております。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-20 00:38 | 映画 | Comments(0)

『キングスマン ゴールデン・サークル』 なんかもー愚痴。


【映画パンフレット】 キングスマン ゴールデン・サークル 

東宝

undefined


 監督のマシュー・ヴォーンは嫌いではないんだけど、どーしても好きになれない部分があって。
 ストーリーを刺激的に(大胆に)展開させる為なら、
 照明のスイッチを切るみたいに軽々しく「OFF」にしてしまうトコ。
 ネタバレ回避の為、回りくどい言い方をしております。

 それが今作では前半に、
 かなりの大事として起こるので、だいぶテンションは下がった。

 その後、舞台はアメリカへ移るわけですが、
 コレさ、
 アメリカの組織が壊滅させられてキングスマンに助けを求める流れでも、成立しない?
 あの犠牲、要らなくない?
 んで事件解決後、
 アホな子チャニング・テイタムが、「アメリカを再建してみせる」と誓い、帰国するの。
 「カントリー・ロード」を唄いながら。
 で、バッチリやん。

 とゆー個人的な不満はさておいて、
 後半は盛り返してくれたので、助かりました。
 でも、またあのヒトが犠牲に…。

 ジュリアン・ムーアの悪役っぷりと、ダイナー風アジトは最高でしたが、
 あの複雑な思考のキャラクターも意外とあっさり片付けちゃうんだな。
 やはり前半は思い切って、
 ジュリアンの麻薬組織対ステイツマン(米)の抗争をたっぷり描いてもよかったのでわ?

 と、
 また不満がこぼれてしまいましたが、
 イマイチ作品にノレなかった愚痴みたいなもので、嫌いなわけではないですよ。


 エルトン・ジョンがあんなに頑張るとは思いませんでしたが、
 どーしてアメリカがメインの話でエルトンなんですかね?

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-20 00:30 | 映画 | Comments(0)

2017年、ベスト&ファニー映画。(ファニー)


 ファニーとは、出来は悪いけど憎めない映画。
 怒りの要素が薄いのでワーストとは若干異なる。

 なので、
 『グッドモーニングショーは省きました。
 アレは気付かせないよーにしてるのが、悪意に感じました。

 『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬも好みの問題で、ハマれば楽しめると思います。

 とゆーわけで、
 順位無しの五本を選択。


ダブル・チェイス
ゴースト・シャーク
寄生体X


次点が、
のぞきめ
X-ミッション



 『ダブル・チェイス』は、
 ドが外れた出来の悪さにだいぶ悩みましたが、
 圧倒的なインパクトの強さで、ランクイン。
 可愛げはありませんが、トップクラスです。


 『NINJA THE MONSTER』
 『モンスターズ/地球外生命体』のパクリとの意見もありましたが、
 そんな上等なモノではありません。絶対に
 ディーン・フジオカは何も悪くないんだけど、
 コレを観ると一発で評価は下がるし、半笑いでしか見れなくなるので注意が必要です。


 『ジュピター20XX』
 感想でスルーした食料事情とは、
 「循環洗浄させた排泄物に味をつけたモノ」で。
 未だに信じがたい設定であります。

 映画自体よりも、ストーリーや設定の荒々しさで選びました。
 木星には、着きません。


 『ゴースト・シャーク』
 『シン・ジョーズと迷いましたが、
 どっちでも大差はないし、
 両方入れると本当に頭がアレなヒトだと間違われそうなので、ゴーストだけにしました。

 心霊現象の元凶をダイナマイトで吹っ飛ばす。
 そんな発想を目の当たりにすると、
 世の中から戦争は無くならないんだろーな、とゆー気になります。

 ランクインした理由は、海の汚さです。


 『寄生体X』
 どんな映画だったっけ?
 と思い返す度、
 出来のヒドさが甦り、またすぐ忘れてしまう。
 この印象の薄さがポイント。


 次点の『のぞきめ』は、
 そこまでヒドくはなくて、ちゃんとJホラーの怖さは表現していると思う。
 只々、
 主演の板野友美とゆー存在を制御できず、自滅してしまった。


 『X-ミッション』は、
 途中から、
 何云ってんだオメー? みたいになっちゃったから。
 悪い意味での、青汁のコマーシャル


 以上です。
 お疲れ様でした。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-12 21:44 | 映画/100 | Comments(0)

2017年、ベスト&ファニー映画。(旧作)


 旧作とは、新作ではないモノ。
 そんなベスト10を選んでみましたが、
 グッドフェローズアニー・ホール
 ワイルド・アット・ハートズートピアなんかは面白かったけど外しました。
 わざわざココで選ぶ必要もないよーな気がして。

 その上での十本、順位になりますが、
 今回はベスト5ぐらいの気分で選んだので、そんな感じで見ていただけると助かります。


①『インヒアレント・ヴァイス
②『ロブスター
③『ゾンビワールドへようこそ
④『君の名は。
⑤『SPY/スパイ
⑥『帰ってきたヒトラー
⑦『バッドガイ 反抗期の中年男
⑧『イット・フォローズ
⑨『DOPE/ドープ!!
⑩『ナイト・チェイサー



 こちらも特に云い足すこともないんですが、
 ③『ゾンビワールドへようこそ』は、
 今風に例えるなら、ゾンビ版『IT』か。

 ④『君の名は。』
 もっと上位でも構わないのですが、
 音楽に飽きた瞬間、評価が急落する危険性も感じます。
 そーゆー作品だと思い、楽しみました。

 ⑤『SPY/スパイ』
 単純に楽しめたし、最高のステイサムが観られたので。

 ⑦『バッドガイ』はしぶとく残った。
 父と息子の物語であり、
 失いかけた「友情」を(少し歪な形で)取り戻すお話。
 こーゆーシンプルに救われる話は好きなのです。

 ⑨『DOPE/ドープ!!』
 ラスト付近の急カーブな展開に戸惑いますが、新世代とも云える黒人映画だとおもう。
 「彼ら」は白人だけじゃなく、黒人にもウンザリしてるんだろーよ。

 ⑩『ナイト・チェイサー』
 コレは迷いましたが、十位ならええかなと。


 次点は、
 13時間 ベンガジの秘密の兵士
 ゾンビスクール!

 以上です。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-12 21:15 | 映画/100 | Comments(0)

2017年、ベスト&ファニー映画。(新作)


 2017年に観た映画の本数は、203本。
 内、
 新作38本からの、ベスト10。

 先行してツイッターでは発表しておりますが、また変わりました!
 考える度に変動してしまうのは、
 作品それぞれの個性が強く、粒が揃っているからで、
 それが17年の特徴とも云えるでしょう。(ざっくりとまとめ)

 そんな個人的2017年の新作ベスト10が、コチラ。


①『新感染 ファイナル・エクスプレス
②『ブレードランナー 2049
③『ラ・ラ・ランド
④『LOGAN ローガン
⑤『エル ELLE
⑥『ベイビー・ドライバー
⑦『コクソン
⑧『メッセージ
⑨『スパイダーマン:ホームカミング
⑩『エイリアン:コヴェナント


 ハイ、決めました。変更不可です。

 次点は、
 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVOL.2

 スター・ウォーズ/最後のジェダイは、保留扱い。
 観た直後はベスト3確定か!? ぐらいの勢いだったんだけど、
 その後の賛否論争を経て、
 一旦落ち着こうと、保留にしました。
 その時点で十位入りはないんだけど、わたくしは今でも肯定派です。

 特に振り返る必要もないと思いますが、
 『エイリアン』が盛り返してきたのは、やっぱりこのシリーズが好きだから。
 全力ハイセンスで人類に叩きつける嫌がらせが、楽しくてしゃーないのです。
 シリーズ頓挫との情報も流れてきましたが、何とか完結まで辿り着いてほしいです。

 『ブレードランナー』はじわじわと上がってきて、
 『スパイダーマン』はじわじわと下がりました。

 そんな印象。

 以上。

スカパー!

冬の5大テーマ祭り「映画」をもっと見る




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-12 20:44 | 映画/100 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧