『皆殺しの流儀』とか、『グッドフェローズ』とか、そのへん四本。


皆殺しの流儀 [DVD]

イアン・オギルビー,アリソン・ドゥーディ,スティーヴン・バーコフ,ジェームズ・コスモ,リセット・アンソニー/アメイジングD.C.

undefined


 低脳を隠すためフードを被ったヤングチンピラ集団に兄を殺されたおじいちゃんが、
 おじいちゃん仲間を集めて制裁を下す、復讐劇。

 じつはこのおじいちゃんズ、
 嘗て警察すら手懐けるほど街を牛耳っていたギャングな方々で。
 苦々しく過去を思い出しながらも、
 懐かしいわー、楽しいわーと、
 老獪にヤングチンピラ共を捕まえては、ボッコボコのボコボコに私刑します。
 そんな「舐めてた奴が」系と『狼よさらば』が合わさったよーなストーリー。

 おじいちゃんズの私刑執行がけっこー残忍で、僅かに抵抗を感じるも、
 標的となるヤングチンピラの奴らがクズ中のクズなので、
 兎に角痛い目にあって死ぬがいい!
 と、おじいちゃんズを応援してしまいます。

 またこのおじいちゃんズが、英国紳士なギャングってのもポイント高い。
 殆どヒーロー扱いになっとるな…と思ったら、
 最後にMCUみたいなテロップが。。。


 『スカーフェイス』や『カリートへの道』みたいな、
 ギャングの抗争と暴走を描く映画かとおもっていたら、ちと違う。
 組織を成り上がったり、復讐に命を懸けたり、
 ギャング・ストーリーのメインを張るよーな存在が主人公ではなく、むしろその脇。

 「おい、チャカ貸せ」
 「へい」(←コイツ)
 とか。
 「アニキ、兵隊は集めたぜ。なあ?」
 「おう」(←コイツ)
 とかの、コイツが主人公。

 そんな脇が面白いのかってーと、寧ろ、脇だから面白い。
 多忙な脇故のリアルさがある。
 歪んだ性格や複雑な家庭環境、
 強固な理想や野望があるわけでもなく、善悪すら無い。
 いちばん割のイイ職業として、ギャングを選択するとゆー点が最大の特色であろう。

 云わば名も無きヤクザな男の半生を、スコセッシがフルスピードで描いております。
 展開がめっちゃ早くて、退屈する暇もありません。

 実話が基になっており、
 主人公の人物は、数年前まで存命だったよーですよ。
 よく生きていられたもんだ。


インヒアレント・ヴァイス ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

ホアキン・フェニックス,ジョシュ・ブローリン,オーウェン・ウィルソン,キャサリン・ウォーターストン,リース・ウィザースプーン/ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

undefined


 ポール、トーマス、アンダーソン監督の、ヒッピー探偵物語。
 主人公が常時ハッパを吸ってる状態で、幻覚と素面の境目がまったく判らない。
 原作はトマス・ピンチョンの「LAヴァイス」。

 ロバート・アルトマンの『ロング・グッドバイ』をやってみた。
 と気付いてしまうと、
 もうそーとしか見えなくなってくる。
 恐るべき、『ロング・グッドバイ』。
 しかし本作はノワールを全力で拒む、ノワール。
 ノワール・コメディと云ってもよいスタイルで、可笑しな奴らがわんさか出てくるし、
 そこに哀愁が見え隠れするのは、幻覚と素面の狭間の世界だから。

 ワケが判らず、内容もロクに説明できないのに傑作だと楽しめたのは、
 ホアキン・フェニックスの愛すべきキャラクターによる部分が大きい。


 寧ろ影響は『ロング・グッドバイ』より、『カウボーイ・ビバップ』の方だったりしてね。
 (幻覚キノコで全員ラリった話とかあったなー)


 最早、説明するのも気恥ずかしい。

 ちょっと物足りないですねー、
 とか云うと怒られそーなので感想は簡潔にしますが、
 後半のアパッチ襲撃シーンは、今観ても流石の迫力。
 当時ならまさに衝撃的だったのだろう。
 群像劇としての魅力もあり、複雑な人物描写も利いている。

 しかし、
 物足りないと先にも云ったけど、
 じつはこの物足りなさ感こそ、後年への強烈な影響になったのでわ?
 とも感じるよ。

 オレならこーするのに、と。


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-05 10:35 | 映画 | Comments(0)

モンスター映画だよ、三本だよ。


ウルフ・コップ [DVD]

レオ・ファファード,エイミー・マティシオ,サラ・リンド/松竹

undefined


 皆さんコンバンワ、狼男のお巡りさんことウルフコップです。
 ルーガルー。

 めでたく続編製作も決定した本作は、スプラッターホラー・コメディとゆーのかな。
 警官のバッチをつけた狼男(アル中)が大暴れする、お話。
 狼男っつーか、
 恐ろしく頑丈なバケモノで、狼らしさはあまりないんだけどね。

 やりすぎなぐらいのスプラッター描写は、確かに見応えありました。
 わざわざペニスから映す変身シーンや、
 皮がペロンペロンになる人体破損描写まで、まーエグいし血ミドロ。
 そこに緩いオフビートな笑いを加味するのが、野蛮な西洋人にはウケたんかな。

 そんな、アレ。


 狼男と狼男が、ガブガブガウガウする、お話。

 コレな、
 そもそもの原因は、、、と考えると、
 いちばん悪い(原因)のは親切なあの老夫婦じゃねーの? とおもふのだが、如何であろうか。


 韓国枠に入れても以下、略。 
 韓国産のアクション・スリラー。

 今更こんな真っ正面から「プレデター」をやるなんて、正気か?
 と疑いながら観ておりましたが、そこはさすが韓国。
 鑑賞に耐える水準までは、かるくグイッと押し上げてしまいます。
 この「作れちゃうスゴさ」が今の韓国映画の勢いなんだけど、
 同時に、
 「作れちゃう過信(甘え)」が問題になってるのも事実。
 (有名な韓国人監督さんも似たよーなコトを危惧しておりました)

 本作もどちらかと云えば後者。
 クオリティは低くなく、
 演出も悪くなく、退屈な展開でもなく、
 面白くないわけでもないが、楽しめない。
 敢えて分かり易く表現すると、
 C級以下のシナリオを、技術でB級映画にしたよーな感じ。
 これは確かに、「文句」は云われないわな。

 出来ないからこそ、
 K・U・F・U・U・工夫が活きて何かを突破する作品が生まれると思うんだけど、
 出来ちゃうと、
 そこで思考が停止する時がありますね、ニンゲンだもの。


 (内容に触れるのをすっかり忘れておりましたが、
  要すると、ジャングル版「プレデター2」の安っすいヤツです)


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-05 10:14 | 映画 | Comments(0)

『SPY/スパイ』とか、スパイ映画四本。


SPY/スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

ジェイソン・ステイサム,ジュード・ロウ,メリッサ・マッカーシー,ローズ・バーン/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

undefined


 監督のポール・フェイグと主演のメリッサ・マッカーシーは、リメイク版『ゴーストバスターズ』のコンビ。
 個人的には本作の方が好き。面白かった!

 ジュード・ロウが本家ボンドばりにキメれば、
 ジェイソン・ステイサムはこれまでのキャリアが台無しになりそーな筋肉バカっぷりを見せ付けて爆笑を浚う、
 スパイ・コメディ。
 堂々たるオープニングから、アクションもスパイネタも下ネタもてんこ盛りで、
 エンドロールまで工夫された大サービスっぷり。

 コレが日本未公開だからな…。
 こーしてソフト化されるだけでも、まだマシか。
 主演じゃないけど、ステイサムの代表作にも並べたい一作です。


 50セントも本人役で出るよ!
 (このヒトはホント、自分のキャラの売り方を熟知してるな)


SPY TIME-スパイ・タイム- [DVD]

イマノル・アリアス,キム・グティエレス,カルロス・アセレス,アレクサンドラ・ヒメネス/ポニーキャニオン

undefined


 スペイン産のスパイコメディ。
 予期せぬ、おじいちゃん映画。

 パパの正体は凄腕スパイで、
 パッとしない息子も英才教育を受けており、なんやかんやとトラブルに巻き込まれます。

 スペイン産らしく、描写は一々ハードなんだけど、
 笑わせよーと切り込んでくるあたり、国民性を感じます。皮肉な意味で。

 「ボンド」が年老いたよーな優秀で頑丈なパパと、
 「ボーン」みたいな能力を持ちながらイマイチな息子とのボケたやりとりが面白い。
 スパイ映画のメタネタは、世界共通で定番化しておるのだね。

 恋人役は、つくづく災難だったけど。


Mr.&Mrs. スパイ 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]

ガル・ガドット,ジョン・ハム,ザック・ガリフィアナキス,アイラ・フィッシャー/20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

undefined


 何かと酷似しているこのタイトルは、当然邦題。
 原題は「keeping up with the joneses」。
 近所の人に見栄を張る、とゆー意味。
 アレとは立場が逆で、
 主人公が一般家庭、お隣さんの謎の夫婦がスパイ。

 ご想像通りのトラブルが起きる、ホームコメディ。

 ザック・ガリフィアナキスが主演で、一般家庭の夫をコミカルに演じておりますが、
 やはり注目してしまうのは、
 スパイ側の妻を演じるガル・ガドット。
 改めて云うのも何ですが、まあステキ。
 この非日常的な美貌とスタイルの存在感が、
 「ワンダーウーマン」を演じたコトで、やっと定着したとゆーか納得できるよーになりました。
 だって、ワンダーウーマンなのだから。

 ザックはプライベートで結婚してからユーモアが鈍ったよーな気がして物足りないのですが、
 本作では少し戻ったかな?
 しかし、
 ガル・ガドットと、(ザックの妻役の)アイラ・フィッシャーとの健康&不健康なエロスのインパクトには負けてます。

 じつはホロッとできるコメディなんだけどね。



 全然コメディじゃない。
 笑えるけど、コメディではない!
 12年の韓国映画だけど、ある意味、今がタイムリー。

 一見、仲睦まじく見える家族は、
 南朝鮮(韓国)に潜伏する北朝鮮工作員による偽装家族。
 その隣に住むのが、
 真逆のよーにケンカが絶えない一般の…と云っていいのか迷うほど、非常識な韓国の家族。
 特に奥さんの暴走っぷりがヒドく、コメディの枠を超えている。
 それでも本当の家族と別れて暮らし、いつ会えるかも判らぬ偽装家族には羨ましく思える。
 私達は本当の家族とケンカすらできない、と。

 この正反対な家族の交流はホームドラマ的に描かれるんだけど、
 偽装家族に起こる事態とゆーのが、まあシビアな問題で。
 フィクションだけど、現実に進行してる問題なんだよな…と気付くと、複雑だ。

 最終的には「家族愛」って部分が消し飛んでるよーな気もしますが、
 少し違った視点で語られる南北問題の映画でした。

 あ、コレもスパイ映画ですよ。


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-05 09:56 | 映画 | Comments(0)

映画のまとめ 『悪のクロニクル』と『あいつだ』


悪のクロニクル [DVD]

ソン・ヒョンジュ,パク・ソジュン,マ・ドンソク,チェ・ダニエル/TCエンタテインメント

undefined


 押井守似の出世間近な刑事(課長)の元へ迫る、隠蔽された事件の真相とわ?

 そもそも、
 最初のタクシーで襲われた時点で通報しても、
 何の問題もなかったばかりか早期解決したんじゃないのか、とゆーのは屁理屈だ。
 そもそもが、
 単独ではなく組織的に隠蔽した事件だし、上司だって「身内」だしな。
 とゆーのも、屁理屈だ。
 ストーリーがまったく進展しなくなる。

 そんな自業自得感が拭えず、途中まで退屈に感じる部分もありましたが、
 真相の更に深層まで明らかになった時、全てがミスリードだったと気が付く。
 そっち系の話だったかぁー、と。


 大袈裟な邦題が若干ノイズになったので原題は何かと検索してみたら、只の直訳でした。


あいつだ [DVD]

チュウォン,ユ・ヘジン,イ・ユヨン/ファインフィルムズ

undefined


 韓国産クオリティの高さは安定で、沿岸部の寂れた町の描写が、リアル過ぎて恐い。

 とゆークオリティは保っているものの、やや不発気味。
 青春(若者)映画の側面と、
 サスペンスなストーリーが噛み合わないとゆーか、交わらない。
 ヒトの死が予見できるとゆーオカルトな少女の存在も、殆ど活かされていない。
 つか、
 何故このオカルトをぶち込んだのか、疑問に残る。

 時代に乗り遅れた町の死を表してるのかな?


[PR]
# by y.k-ybf | 2018-01-05 09:34 | 映画 | Comments(0)

【緊急】『最後のジェダイ』が某たまふるで酷評されたので。Look Back In Anger! ※ネタバレどころじゃないよ。


 やれやれだぜと某たまふるのハスリングを聴くと、まさかの激酷評。





 ここまで低評価だとは予想外とゆーより、軽くショック。
 これは再考せねばなるまい。

 まず、
 先の感想でスルーした不満な点は、
 フィンの行動が全て無駄どころか、最悪の結果をもたらすこと。
 レイとルークの別離が描かれず、二人の関係性があやふやなこと。
 ダメロンがホルド提督の決意に気付く描写が軽いこと。
 カイロ・レンの内面、心情をハッキリさせなかったこと。
 (Xウイングについてはどっちでもいいのでパス)
 某たまふるでも一部触れられていましたが、所謂ポイントを抑えていないのは、確かに気になった。

 宇多丸さんの批判をまとめると、
 無駄な描写が多く、全体のグダグダ感が目に余る、とゆーことでよろしいか?

 冒頭の、戦闘からの撤退戦。
 そもそも撤退とゆーか退避が目的なので、あの状況に無理があるとは感じなかった。
 (武装は捨てろって描写もありましたね)
 ダメロンの突撃作戦は、わたくしもどーかな? とは思った。
 せめて爆撃機は、敵戦艦の真上から強襲すればよかったのに。
 脆い、遅い、重力は、重箱の角。
 「スター・ウォーズ」のお約束みたいに思えましたよ。

 ダメロンに作戦を伝えなかったのは、
 直前に命令違反をして降格されたパイロットだから、ってのもあるし、
 重要な作戦の漏洩を防ぎたかったのもあるだろーし、
 ダメロンの勝手な行動を抑えたかったのでわ?
 実際、暴走したし。

 フィンがコードブレイカーを探しに行く件はわたくしも疑問で、
 そーやって抜け出せるなら、何か他に手があるんじゃねーの? とも思います。
 デル・トロに華の何かしらがってのは、誰もが予想していただろう。

 「宇宙戦艦ヤマトみたいな話だな」とゆー指摘に反論はないけど、
 「スター・ウォーズ」と「ヤマト」ってそこまで違うの? とも。

 ジェダイとシスの関係は、
 恐らく全九作共通のテーマなので、繰り返されるのは当然だろう。

 ルークのあの行動は…って部分は、
 先にも云った、
 カイロ・レンの過去が判明していないので、判断できるものでもないのでわ?
 (ルークは寝込みを襲った時、躊躇していましたね)

 またレイについてだけど、
 ルークが教えることは何もないぐらい強い、とも取れるし。
 わたくしの印象では、
 危なげだけどダークサイドには堕ちないだろうとゆー確信が、ルークにはあったと思うんだよね。
 あの穴に落ちて無事だったし。(違う?)

 この『最後のジェダイ』とゆー作品は、
 絶望的に重なり合った大失敗を描いていると、わたくしは受け止めております。
 反乱軍を壊滅寸前まで追い込む失敗を徹底して描くのが、そもそもの目的ではないかと。
 そして彼らは学び、成長するのではないかと。
 (なので、寧ろ『ローグ・ワン』に近い作品のよーな気がしました)

 正直、宇多丸さんの批判は、
 プロレスを理解してないヒトのプロレス批判のよーで、
 厳しくもあり、聴いてて辛かった。

 他に例えるとしたら、
 昔の少年マンガを、
 熱い! と好むヒトもいれば、
 荒唐無稽だと否定するヒトもいる。ヤマトみたいだと。

 そーゆーことで、よろしいか?

 判る部分もあるし、判らない部分もある。
 としか、まとめられないんだけども。

 フォースはジェダイやシスだけのものではなく、
 ましてや人類だけのものではないと悟ったルークの目前に落ちた落雷とゆーシーンは、名場面だと思いますよ。
 驕ることなかれ、銀河は広大に続く、と。

 兎も角、カイロ・レンの過去だけでもスッキリさせてほしいです。


 ホントに急いで書いたので、いつにも増して乱文になってしまいました。申し訳ないです。


[PR]
# by y.k-ybf | 2017-12-17 20:19 | 映画 | Comments(0)

むしろ、レコード・プレイヤー、の、ようなもの。


by yuki-yo
プロフィールを見る
画像一覧